カードローンの借金の多くは
任意整理で解決できます。

自己破産だけは避けたい。借金問題解決の時に考えるのはその先の影響です。

自己破産の場合は借金ゼロとなり、一切の弁済がなくなりますが、一方で一定の額の財産を処分する必要があったり、資格制限が免責決定までついたり、あるいは官報の載ることで、他の債務整理の場合と比べて、以降のローンの利用や借入の制限が長くなることがあります。
※法律上、残せる金額が決まっていますので、すべて処分することはありません。
※任意整理で約5年、自己破産では10年に及ぶことも。

民事再生もマイホームを残せる方法であるものの自己破産と同じく官報に載ります。
借金問題の解決と同時に生活再建もセットで考えないと本当の意味で債務整理とは言えません。

一人ひとりに合った解決法を提案。

クレアティオ法律事務所は画一的な処理を押し付けることなく、一人ひとりに合った解決法を提案する事務所です。
債務の総額にもよりますが、任意整理で十分に解決できることもあります。

債務の大小だけが任意整理のポイントではありません。
弁済していく方法であるため、家計の状況も大きく関係します。
また、金融会社の対応も大手と中堅・街金のような会社とは差があります。

一人ひとりというのは、債務の中身と相談者の状況を踏まえた個々の最適です。

では、なぜ破産を薦める事務所が多いのか。
それは簡単の処理できるからです。

任意整理は業者との交渉力によって成り立つ整理方法です。
弁護士にしても、すべての方が交渉力に長けている訳でもなく、刑事裁判が得意な方、交通事故問題や離婚問題を得意にされている方など様々です。
得意分野であること=経験値やノウハウがある。
これに尽きる訳で、ゆえに債務整理は専門の事務所で!ということになるのです。

例え破産を選択して借金がゼロになったとしても、以降の生活設計を大きく変えることにもなり、影響も長引くことにもなります。
その先のことも考えてくれる事務所で、そんな依頼者の視点に立った提案を行っているのがクレアティオ法律事務所という訳です。

任意整理の解決のゴールは生活再建にアリ。

債務整理専門の事務所といっても、経験値や交渉力は様々です。
弁護士事務所だから、どこでも解決できるわけではありません。
借金問題の本当の解決は生活再建にあり、そのための事務所選びです。

ある事務所で断られても、別のところでは違う。
一つに絞らず、複数の事務所で答えを探りましょう。
クレアティオ法律事務所は、そんな選択肢のひとつになる弁護士事務所です。

債務整理のことならクレアティオ法律事務所